ウォーキングダイエットの注意点

心身に負担のかからないウォーキングメニューを作りたいものです。実行不可能な運動量のウォーキングをしても苦しいばかりですし、健康状態に問題がある時に無理矢理歩いても体にいいダイエットにはなりません。息が軽く切れるくらいの運動量をキープするだけでも、ウォーキングダイエットになります。ダイエットに効果がある運動量は個人差がありますので、他の人が激しい運動をしていても、無理にそれに合わせることはありません。運動の最中でも水分を摂取し、かいた汗の分は補うようにするといいでしょう。糖分を含む清涼飲料水や飴は低血糖体質以外の方は使わず、水分補充には水やノンカフェインのお茶を取り入れてください。ダイエットのためのウォーキングをする時は、1日のどの時間を運動にあてはめるかよく考え、空腹時の運動は健康を損なう恐れがあるので対策を考えてください。また、食事回数をダイエットで減らすという方もいますが、食習慣は維持する方がリバウンド防止にもなります。ウォーキングをする際には、準備運動で体をほぐしてからにしましょう。怪我や故障を回避するためにも、ウォーキング前にある程度は筋肉を動かしておくことが重要な意味を持ちます。予備運動をしてからのウォーキングを習慣化することで、快適なダイエット運動ができます。ダイエットにウォーキングを取り入れることは、効率的なスケジュール立てと自己管理が重要ですので、自分に合う、無理のないウォーキングプランを立ててください。

YUKAをフォローする
ダイエット方法
タイトルとURLをコピーしました