ダイエット時には標準体重だけでなく脂肪にも注目を

BMIは、身長と体重から算出することができる体型を示す指標であり、標準体重を大幅に超えると肥満と診断されます。標準体重について知ることで、健康的なダイエットをしたい時の計画を立てやすくなります。標準体重は、最も病気にかかりにくい体重だと言われていますが、年齢や性別、骨格によっても厳密には違います。体型の他にも、病気になりやすい条件は、食生活や生活習慣など色々とあります。そして、脂肪がつきやすい年齢や痩せやすい年齢、体重の増減度合いも年齢にとって異なります。そのため、ダイエットを行う時には標準体重以外の要素にも配慮して、どんなダイエットが適切か見極める必要があります。標準体重は一つの目安になりますが、実際にダイエットを行う時には体脂肪率を減らすことも考える必要があります。健康面も配慮したダイエットを行うためには、体脂肪をいかにして減らすかを考えましょう。人間の体は色々な物質でできており、それらの重さの合計が体重です。つまり筋肉量が多い人と、脂肪量が多い人は、体重の内訳が違うわけです。体脂肪以外の物質を減らして体重を落としても、健康によくないことがありますので、脂肪を落とすことが大事です。健康的な生活習慣を心掛けながら脂肪燃焼を意識した方が、ダイエットの後のリバウンドも予防できます。健康を意識しながら効果的なダイエットを行うためにも、標準体重だけでなく、体脂肪の燃焼を目指してダイエットをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました