減量時に注意すべきことは体重はカロリーの収支で決まるということ

食事などで摂取するカロリーより、運動や生命維持で使うカロリーのほうが多ければ、体重は減少します。世の中には飲むだけで減量成功とか、機械を使用するだけでダイエットできるとか、根拠も効果もない減量方法が多数存在しています。ダイエットについてよく知らない人ほど、大げさな広告宣伝を真に受けて購入する傾向にあるようです。実際問題として、そんなに簡単に体重を減少させることができたりはしないものです。体重を減少させる原理はとてもシンプルです。摂取するカロリーよりも、消費するカロリーが多くなるような状態をつくることです。消費するカロリーが多ければ体重を減少させることができます。1日に使うカロリーを知るには基礎代謝を把握することが大事です。体内に取り入れられたカロリーがエネルギーとなって燃やせる状態になるには筋肉が必要なので、筋肉を増やす運動が効果的です。消費カロリーよりも少ない摂取カロリーで食事をすれば必ず痩せるのですが、なぜ多くの人がこのシンプルな理論を実行できないのでしょうか。人によって体重が増える理由は異なりますが、大抵の人は、自分の摂取カロリーや、消費カロリーがどのくらいかわかっていないようです。1日に消費しているカロリーを知りたくても、ある程度は推測で計算するしかありません。ですが、食事などで摂取するカロリーに関しては、食べたものの重さを測ることで正確な数字を算出することができます。1日に自分が摂取するカロリーを認識するところから始めましょう。カロリーのバランスがわかったら、自分にちょうどいい摂取カロリー量の把握に努めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました