体重を落とすことと痩せることの違いについて

ダイエットをとても重要なこととして考えている女性は多いですが、ダイエットと聞くと、体重を減らすこととイコールだと思っている人が多いようです。体重が減少することと、痩せることは、別個の事象として考える必要があります。人間の体は、水分が多くを占めていますので、サウナや運動など汗をかけば、一時的に体重を落とすことは不可能ではありません。しかし、水分摂取量を減らして痩せたとしても一過性のものにすぎませんので、水分を摂れば減った分の体重は増えてしまいます。体重の増減と、体が痩せるかどうかは、連動してはいても、同一のことではありません。体重が増える理由は幾つかありますが、その中に、体脂肪が増えることがあります。どのように体脂肪が増えるかは、体質によって異なります。女性は、太ももやお尻など、下半身に皮下脂肪の形で蓄積されることが多いようです。内臓に張り付くように増える体脂肪が内臓脂肪です。内臓脂肪や、皮下脂肪が多くなると肥満体型になり、体重が多くなります。ダイエットを実践する時には、いかにしてこの皮下脂肪や、内臓脂肪を減らせるかが重要です。皮下脂肪は、断熱効果や、外界からの衝撃を吸収する効果などがあり、必要な部位ではありますが、たくさんつきすぎるとセルライトにもなりますので、適度な量に留めておくほうがいいでしょう。糖質や、炭水化物を摂取しすぎると内臓脂肪の増加の要因になりますが、内臓脂肪は燃焼しやすい脂肪でもあります。皮下脂肪のある部分はマッサージ等で代謝を活発にして、積極的に運動をして内臓脂肪を燃焼させることで、痩せるダイエットが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました