リバウンドをしない減量の方法

どんな人でも、減量をすれば、大なり小なりリバウンドが起きるものといえます。何をすると、リバウンドを避けることができるものでしょうか。減量をしながら、基礎代謝が下がらないように筋肉をつけることは有効です。摂取カロリーを減らすことで減量をするという方法をとると、筋肉が落ちて代謝が低くなり、脂肪の燃焼効率が下がることがあります。大豆や、脂身の少ない肉を食べることで、筋肉の原料となるたんぱく質を摂取できますので、その上で運動をして、筋肉を増やすといいでしょう。食事制限もほどほどにして、体に必要な栄養素を確保することによって、骨を丈夫にし、健康を維持できます。体重の減りが鈍化しても減量を中断しないこと、減量のスピードは一ヶ月につき体重の5%を超えないようにすることも大事です。強引な減量にならないようにすることも、リバウンド対策として有効なことです。健康を阻害してまで、極端な減量に取り組むという人もいるようです。どの減量方法が自分にとっていい方法かきちんと考え、一過性のブームに流されないようにしましょう。もしも減量をするならば、リバウンドが起きそうな要因は排除しておくことがポイントになります。体に負担の大きく、リバウンドしやすい方法は、食事制限だけで減量をするという方法であるといえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました